花言葉の由来

花言葉は、17世紀頃のトルコで生まれており、トルコには「花に思いを託して相手に贈る」という風習があったそうです。
しかし、それぞれの国で言語が異なり、花に対する思い入れも民族間で隔たりがありますから、イメージが違うものもあるでしょう。
たとえば、日本人は胡蝶蘭を「蝶」でイメージしていますが、ほかの外国の人には「蛾」に見えるようなので、花言葉も変わってきます。

ヨーロッパと比べると日本は独自の文化を持った国なので、ヨーロッパでは神話や伝説にまつわる花言葉が多いのに対して、日本では四季や花の特徴をあらわしたものが多いようです。
春・夏・秋・冬で、四季がハッキリしている日本ならではということでしょう。
国によって咲く花の種類も違ってきますから、その花が咲いている状況しだいでは、花が与えるイメージは違ってくるのが普通です。

花言葉と神話

神話にまつわる花言葉で有名なエピソードのひとつに、「ナルキッソス」の話があります。
ナルキッソスというのは、ギリシア神話で登場する美少年ですが、若さと美しさを兼ね備えていた彼は、美の女神であるアフロディーテの贈り物を受け取りませんでした。
それに怒りを覚えたアフロディーテは、ナルキッソスが、自分自身のことしか愛せないようにしてしまいました。

そして、他人を愛することができなくなってしまったナルキッソスが、水に映った自分自身を愛して身を投げ、そこに水仙の花が咲いていたというギリシア神話です。
水仙の「うぬぼれ・自己愛・エゴイズム」という花言葉は、このギリシア神話からきています。

四季と花言葉

日本には四季がありますが、花言葉はそれぞれの四季に分類されています。
四季のない国に比べると花の種類が豊富なので、それだけ花言葉も多いということになります。

春であれば、桜は「純潔・とても美しい人」、チューリップは「恋の宣言・思いやり・博愛」、タンポポは「飾り気のなさ・愛の信託」などの花言葉が付けられています。
母の日に贈る代表的な花であるカーネーションには、「母への愛情」という花言葉がありますが、これはまっ赤なカーネーションの場合で、ピンクになると「あなたを熱愛しています」となります。
色によって花言葉が違ってくることがありますから、注意が必要です。

夏の代表的な花であるひまわりは「熱愛・憧れ・愛慕」、ダリアが「移り気・優雅・華麗」、あざみは「独立・厳格・傷つく心」などで、同じ夏の花でも、花によって伝わるイメージはかなり異なります。
自分がイメージしていたものと違っている場合もありそうです。

秋に咲くコスモスなどは、ピンクが「乙女の純潔」、濃いピンクが「愛情」、赤が「調和・乙女の愛情」、黄色が「野生美」、白が「優美・美麗」です。
コスモスに、こんなに色違いがあったことにも驚きましたが、ひとつひとつに花言葉が付けられていることに感動します。

冬の花、シクラメンは「嫉妬・清純・はにかみ」、スノードロップは「希望・慰め」、ストックには「愛の結晶・求愛・永遠の愛」などの花言葉が付いています。
クリスマスに贈る花クリスマスローズは「追憶・心を慰めてほしい」、ポインセチアは「情熱的な恋・祝福」となっています。