珍しいお花を作ることができる

綺麗になった芸能人が必ず疑われるのが整形疑惑。
週刊誌やネットニュースの定番ネタです。
整形をしたという事実が明らかでないのにも関わらず、ビフォーアフター画像を拡散されているのを見たことがある方も多いのではないでしょうか?

今回はそんな整形を自ら公言している芸能人について紹介します。

眞鍋かをり

目頭切開と二重瞼の脂肪吸引をブログで発表しました。
整形前後で目元がかなりぱっちりしていることがわかりますね。

元々、瞼の脂肪が厚いと埋没法ではなく切開をしないといけないという場合もあるので、それにプラスして脂肪吸引を行うこともあるようです。

KABA.ちゃん

眼瞼下垂手術と二重整形。
他にも小顔にするためにアゴを削っており、総額200万円以上かけているそう。

吉田明世アナ

テレビで部分やせのために、足に脂肪溶解注射を行ったことを告白しました。

脂肪溶解注射とは、簡単に言えば薬を皮下に注入して脂肪を溶かし、痩せ身の効果を引き出す美容手術の一種です。
別名「メソセラピー」とも呼ばれ、ダウンタウンが短かったり体への負担が少ないので、忙しい人でも受けやすいというメリットがあります。

整形をしても公言をしない人が多いと思うので、これもほんの一部でしょう。
スポットライトを浴びている芸能人ももっとキレイになろうと努力しているんですね。

肌の再生医療という美容法

また、整形だけではなく女性ならば誰しも、いつまでも若々しく美しい美貌を保っていたいと思いますよね。
芸能人が整形を公表すれば、「私もやりたい!」という人も多いはず。

もちろん、整形手術も自分を変えるという意味では有効な方法ですが、他の手段として『肌の再生医療』という方法も浸透してきているんです。
この肌の再生医療というのは、自分自身の肌細胞を培養して使用することで、肌を前の状態に戻すという治療法です。
ボトックス治療などとは違って人工物を体内に入れることはないので、副作用のリスクを減らすことができるというメリットがあります。

しわやたるみを一生懸命化粧でごまかそうとしても、元々の肌の細胞自体が年を取ってしまっていては元も子もありませんよね。
すっぴんの状態でも若々しくいられるためには、こうした再生医療を駆使して美を保つという方法も候補の一つと言えるでしょう。